JA富士宮

  • 標準
  • 最大

JA富士宮についてディスクロージャー

貸借対照表

資産の部

単位:円

平成30年度 令和元年度 令和2年度
信用事業資産 168,003,167,182 1168,787,963,851 168,787,963,851
共済事業資産 10,772,046 12,656,665 15,566,231
経済事業資産 226,040,220 401,400,365 884,208,935
雑資産 255,712,389 386,040,043 354,411,853
固定資産 3,306,970,297 3,381,170,116 3,271,308,516
外部出資 4,096,941,568 4,097,150,336 5,194,902,234
繰延税金資産 120,270,583 206,938,451 194,417,307
資産の部合計 176,019,874,285 176,711,145,146 178,702,778,927

負債及び純資産の部

貸借対照表 (単位:円)

平成30年度 令和元年度 令和2年度
信用事業負債 164,514,153,157 164,974,298,501 166,430,049,987
共済事業負債 407,082,709 282,925,970 277,647,114
経済事業負債 228,410,553 388,160,627 864,528,705
雑負債 431,434,263 406,307,054 388,004,841
諸引当金 776,875,802 1,0388,362,761 388,362,761
組合員資本 9,366,228,340 99,704,076,837 9,704,076,837
評価・換算差額等 295,689,461 136,231,131 99,108,682
負債及び純資産の部合計 176,019,874,285 176,711,145,146 168,899,593,408

 

損益計算書

単位:円

科目 平成30年度 令和元年度 令和2年度
事業総利益 2,712,555,543 2,835,744,305 2,613,579,733
信用事業総利益 1,270,742,178 1,379,006,962 1,178,400,601
共済事業総利益 626,419,135 612,713,711 594,377,254
購買事業総利益 612,412,040 622,883,227 599,088,317
販売事業総利益 183,647,686 194,889,727 208,604,362
利用事業総利益 14,013,620 14,448,102 13,425,427
宅地等供給事業総利益 21,673,463 20,959,775 19,248,676
農用地利用調整事業総利益 19,432 22,899 5,070
その他事業総利益 1,421,468 11,332,182 1,332,182
指導事業収支差額 △17,793,479 △10,436,068 △902,156
事業利益 359,379,690 491,810,774 277,868,750
経常利益 461,613,440 577,728,071 378,529,754
税引前当期利益 459,076,958 299,683,163 326,702,827
当期剰余金 318,094,068 175,891,092 237,587,347
当期未処分剰余金 425,628,528 383,490,360 453,347,025

 

不良債権の状況(令和2年度)

単位:百万円

項目 金額
不良債権 破綻先貸出金(A) 5
延滞貸出金(B) 482
3ヶ月以上延滞貸出金(C) 0
貸出条件緩和貸出金(D) 0
合計(E)=(A+B+C+D) 488
保全措置 担保・保証付貸出金(F) 445
個別貸倒引当金残高(G) 42
信用事業に係る一般貸倒引当金残高(H)
合計(I)=(F+G+H) 490
不良債権に対する保全状況 E<Iであり、保全が図られています。
指標
不良債権利率(E÷貸出金総額) 1.13%

自己資本比率(令和2年度末)

14.40%

最低自己資本比率規制値の基準である4%を大きく上回っています。

令和2年度上半期開示

令和2年度上半期開示について