JA富士宮

  • 標準
  • 最大

JA富士宮についてディスクロージャー

貸借対照表

資産の部

単位:円

平成30年度 令和元年度
信用事業資産 168,003,167,182 168,225,789,170
共済事業資産 10,772,046 12,656,665
経済事業資産 226,040,220 401,400,365
雑資産 255,712,389 386,040,043
固定資産 3,306,970,297 3,381,170,116
外部出資 4,096,941,568 4,097,150,336
繰延税金資産 120,270,583 206,938,451
資産の部合計 176,019,874,285 176,711,145,146

負債及び純資産の部

貸借対照表 (単位:円)

平成30年度 令和元年度
信用事業負債 164,514,153,157 164,974,298,501
共済事業負債 407,082,709 282,925,970
経済事業負債 228,410,553 388,160,627
雑負債 431,434,263 406,307,054
諸引当金 776,875,802 1,019,776,691
組合員資本 9,366,228,340 9,503,455,172
評価・換算差額等 295,689,461 136,231,131
負債及び純資産の部合計 176,019,874,285 176,711,145,146

 

損益計算書

単位:円

科目 平成30年度 令和元年度
事業総利益 2,712,555,543 2,835,744,305
信用事業総利益 1,270,742,178 1,379,006,962
共済事業総利益 626,419,135 612,713,711
購買事業総利益 612,412,040 622,883,227
販売事業総利益 183,647,686 194,889,727
利用事業総利益 14,013,620 14,448,102
宅地等供給事業総利益 21,673,463 20,959,775
農用地利用調整事業総利益 19,432 22,899
その他事業総利益 1,421,468 1,255,970
指導事業収支差額 △17,793,479 △10,436,068
事業利益 359,379,690 491,810,774
経常利益 461,613,440 577,728,071
税引前当期利益 459,076,958 299,683,163
当期剰余金 318,094,068 175,891,092
当期未処分剰余金 425,628,528 383,490,360

 

不良債権の状況(令和元年度)

単位:百万円

項目 金額
不良債権 破綻先貸出金(A) 7
延滞貸出金(B) 603
3ヶ月以上延滞貸出金(C) 0
貸出条件緩和貸出金(D) 0
合計(E)=(A+B+C+D) 610
保全措置 担保・保証付貸出金(F) 564
個別貸倒引当金残高(G) 46
信用事業に係る一般貸倒引当金残高(H) 3
合計(I)=(F+G+H) 613
不良債権に対する保全状況 E<Iであり、保全が図られています。
指標
不良債権利率(E÷貸出金総額) 1.35%

自己資本比率(令和元年度末)

14.45%

最低自己資本比率規制値の基準である4%を大きく上回っています。

令和元年度下半期開示

令和元年度下半期開示について