JA富士宮

  • 標準
  • 最大

JA富士宮についてJAとは

JAとは

JAグループは様々な組織の活動を通して社会に貢献します。

「JA」とは、農業協同組合(農協)の英語名称「Japan Agricultural Cooperatives」の頭文字をとったものです。 JAは、相互扶助の精神のもと、さまざまな事業や活動を行う組織で「農業協同組合法」を根拠法としています。

主な事業には、組合員の農業経営の改善や生活向上のための指導事業、農産物の集荷・販売や生産資材の供給を行う経済事業(販売・購買事業)、生命共済や自動車共済などを扱う共済事業、貯金やローンなどの金融サービスを提供する信用事業、地域の医療や福祉に貢献する厚生事業などがあります。

JAグループは、日本の農業やJAをめぐる環境の変化を受け、経営の合理化やJA合併を進めてきました。平成3年3月末に全国で3,000以上あったJAは、合併により平成22年4月1日現在、719となっています。


JAグループの構成図

JAグループの基本姿勢

JAグループは、協同組合としての特性を生かしつつ、自らの社会的役割を発揮するため、
(1)消費者に「信頼」される安全・安心な国産農産物の提供に努めること、
(2)経営の「改革」を実践すること、
(3)地域社会に「貢献」すること、
を3つの基本姿勢に掲げています。


JAグループ3つの基本姿勢